スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相 親が自殺した遺児と官邸で面会(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日午前、親が自殺した遺児5人(22~31歳)と首相官邸で面会した。施政方針演説で「いのちを守りたい」と訴えた首相は、遺児たちに自殺対策の充実を求められ、「皆さんの頑張っている気持ちを受け止めていける政府にしたい」と語った。

 中学2年の時に精神科医の父を亡くした大阪大医学部2年の野崎望聖(もうせ)さん(22)は首相に「(国会答弁で)自殺に高い関心があると知ってすごく感激しました」と話した。

【関連ニュース】
首相偽装献金:元秘書の初公判は3月29日
首相官邸:実弾?入り封筒、小沢氏事務所にも
鳩山首相:小沢、石川氏に「説明義務」
加藤紘一氏:「秘書がやったことは…」首相に「責任」迫る
鳩山首相:トラック運転手が表敬訪問

関西ペイント、河盛専務が社長に就任へ(レスポンス)
<公訴時効>殺人での「廃止」などを法相に答申 法制審(毎日新聞)
長崎知事選敗北を陳謝=「政治とカネ、プラスに働かず」-小沢氏(時事通信)
雑記帳 鉄腕アトムの五月人形を発売 群馬の人形店(毎日新聞)
FX投資詐欺で女に実刑=アライド元代表-大阪地裁(時事通信)
スポンサーサイト

<iPS細胞>難病患者の皮膚から作成 テロメアを修復(毎日新聞)

 染色体の両端部「テロメア」が異常に短くなる難病の患者の皮膚細胞から人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作り、長さを回復させることに、米ボストン小児病院などのチームが成功した。テロメアは老化や細胞のがん化にかかわることが知られており、生命活動の営み解明やがん治療に役立つ可能性がある。17日付の英科学誌ネイチャー電子版で発表した。

 チームは、先天性角化異常症という遺伝性疾患に着目。テロメアを維持する酵素「テロメラーゼ」が不足してテロメアが短くなる難病で、老化が早まるほか貧血や皮膚の異常などが起こる。患者3人の皮膚細胞を採取し、山中伸弥・京都大教授が開発した4種類の遺伝子を導入する方法でiPS細胞を作成した。

 その結果、患者の元の細胞では、テロメラーゼを構成する分子の一部が不足しているにもかかわらず、iPS細胞ではテロメラーゼが正常に働くようになることを突き止めた。また、テロメアが修復され、正常の長さに戻ることも発見した。

 テロメアは、細胞が分裂するたびに少しずつ短くなる。チームは「老化現象の解明にも役立てたい」としている。【須田桃子】

【関連ニュース】
iPS細胞:米ベンチャーが関連特許取得
iPS細胞:米ベンチャーが作成特許…海外で初の取得
神経細胞:皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国
iPS細胞:米ベンチャーが作成特許 海外で初の取得
iPS細胞:米で関連特許 MIT教授ら主張 京大「影響ない」

木嶋容疑者、殺人罪できょう起訴 状況証拠重ね立証可能 埼玉不審死(産経新聞)
団地で火災、女性死亡=男性重体、高齢夫婦か-福岡・芦屋町(時事通信)
JR語呂合わせ乗車券好評、次は「めでたいのう」 22.2.22記念(産経新聞)
<ソフトバンク>「王貞治ミュージアム」7月開館(毎日新聞)
ネズミがコードかじる?豚舎全焼、375頭焼死(読売新聞)

<雑記帳>盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)

 主な仕事の内容は「日本舞踊、邦楽の習得。お座敷実習」。盛岡芸者の見習い3人を募集する異色の求人票が18日、盛岡公共職業安定所に出された。

 「芸の質が高い」といわれる盛岡芸者。明治、大正には100人以上が市内の料亭などで歌や踊りを披露していたが、今では、50~70代の5人のみ。伝統の継承を危ぶむ声も市民から出始めたことから、盛岡市が求人に乗り出した。

 年齢不問だが、業務の性質上望ましいのは18歳以上の女性。月給約14万円、県外からの応募も可能で、26日に面接を行い選考する。未曽有の就職難の昨今、芸は身を助くとなるか。【山中章子】

【関連ニュース】
雑記帳:あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社
雑記帳:バレンタインデーに京漬物を
雑記帳:節分お水汲み祭りをPR 大阪・北新地の芸者さん
北野をどり:芸舞妓29人、衣装合わせ--来月25日から /京都
慰問:お年寄り…うっとり 京都から芸妓ら訪問--下関市のはまゆう苑 /山口

また「撮り鉄」?お座敷列車止める…滋賀(読売新聞)
消費税4年間は上げず=鳩山首相(時事通信)
「週刊新潮」の記事問題で楽天の三木谷社長らと新潮社が和解(産経新聞)
長野新幹線、ブレーキ異常で運休 900人に影響(産経新聞)
【新・関西笑談】ワイナリーのジャンヌ・ダルク(4)(産経新聞)

厳冬の避暑地、誘客へ秘策 山梨・清里で「寒いほどお得フェア」(産経新聞)

 有数の避暑地として知られる山梨県北杜市の清里高原。厳寒の真冬にも足を運んでもらおうと、NPO法人「清里観光振興会」(小須田稔会長、同市高根町)に加盟する飲食店やホテル、ペンション、物販、体験などの58施設が、気温が一定以下に下がった日にお薦めの商品を割引する「寒いほどお得フェア」を展開、観光客らに好評だ。

 割引率はJR清里駅前の観測点でその日の午前10時に記録された数値を基準に、5度以下なら30%、氷点下5度以下なら50%に設定。対象商品は、飲食店ならレストランのカレー(定価1280円)、ワインビーフシチューセット(同1980円)、中華のタンタン麺(同850円)、物販では「ドライフラワー八ケ岳の花束」(同840円)などと、店ごとにさまざまだ。

 通常9千~1万3千円のデラックスルーム(2人利用で1人1泊朝食付き)宿泊料を対象としたホテルや、通常6500~7千円の1泊朝食付きプランが対象のペンションもある。

 宿泊料は精算時に、前日の気温に基づく割引率が適用される。

 清里観光振興会の企画広報部長、小林勉さんは「夏に比べると、寒さが厳しい清里の冬の観光客数は少ない。でも結氷した吐竜(どりゅう)の滝、雪化粧した八ケ岳など寒いからこそ見られる景色もあります」と魅力を紹介。「この時季は割引となる低温の日がほとんど。寒さを逆手にとって観光客を呼び込みたい」と意気込みを話してくれた。

 フェアは28日まで。8回目を数える今年から、飲食店以外の施設に対象を拡大し、参加店舗数が昨年より35も増えた。

 問い合わせは清里駅前総合観光案内所(電)0551・48・2200。詳細はホームページ(http://www.kiyosato.gr.jp/pleasure/event/2010/SOF/)へ。

【関連記事】
「おらがまちに嫁を!」 地方の“婚活”最前線
中国人観光客、アキバや銀座に殺到 旧正月「春節」で 
観光客にも10%プレミア商品券 福井県、6月以降に販売
富士山見えなかったら無料乗車券プレゼント 富士急行
集客数全国トップ級 宮城・大崎の道の駅 地域の食文化前面に

聖武天皇夫人の邸宅、法隆寺で特別公開(読売新聞)
沖縄の希少動物 事故死相次ぐ カンムリワシ、イリオモテヤマネコ…運転注意(産経新聞)
異常気象どうして? バンクーバー、雪不足深刻 ワシントン、大雪の原因は?(産経新聞)
インサイダー認める 元プルデンシャル生命社員ら(産経新聞)
【単刀直言】平野貞夫元参院議員 「反小沢」を煽る渡部さん(産経新聞)

<布川事件>検察に謝罪申し入れ 弁護団(毎日新聞)

 茨城県利根町布川で67年に大工の男性(当時62歳)が殺害された「布川事件」で、無期懲役の判決後に仮釈放された桜井昌司さん(63)、杉山卓男さん(63)の弁護団は15日、来月19日に開く予定の再審公判に向けた第1回協議を控え、水戸地検に、2人への謝罪など3点を申し入れた。

 このほか、開示していない供述調書や自白の録音テープなど6点の証拠開示▽再審請求審に提出された証拠すべての同意と、迅速な審理への全面協力--を求めており、3月5日までに回答するよう要請した。

 水戸市内で会見した山本裕夫弁護士は「弁護団としては、冤罪(えんざい)の原因解明は再審請求審である程度できている。検察側は謝罪し、速やかに審理を終えるべきだ」と指摘。桜井さんは「証拠隠しなど検察側の犯罪行為を社会に問いたい」と話した。【原田啓之】

【関連ニュース】
布川事件:再審の進め方の3者協議、来月19日に
布川事件:桜井さんと杉山さんの再審 水戸地裁土浦支部で
布川事件:再審確定 無罪の叫び 重い扉を開く
布川事件
布川事件

唐突な内部留保課税案=「競争力そぐ」と産業界反発(時事通信)
<国家戦略室>予算監視チームを各省に設置要請(毎日新聞)
<首相偽装献金>元秘書の初公判は3月29日(毎日新聞)
ドナーカードなどの意思表示方法で議論―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
橋下知事「パーフェクトな予算」 自画自賛の会見2時間半 (産経新聞)

前福岡副知事、ホステスへのプレゼント要求(読売新聞)

 福岡県町村会による贈収賄事件で、同県前副知事・中島孝之容疑者(67)(収賄容疑で逮捕)が、町村会業務課参事・天野敏哉被告(49)(詐欺罪で公判中)に、行きつけの高級クラブのホステスに贈るプレゼントを購入させていた疑いがあることが、関係者への取材で分かった。

 天野被告は「コピー用紙の架空発注で作った裏金で、中島容疑者が指定した女性用の小物を購入した」と供述。県警は、中島容疑者が飲食費やマージャン代だけでなく、好意を寄せていたホステスへのプレゼント代まで町村会側に負担させていたとみている。

 複数の関係者によると、中島容疑者は福岡市・中洲にあるこのクラブで、天野被告や町村会元事務局次長・田中剛佑被告(70)(同)から頻繁に飲食接待を受けていた。

 県警の調べに対し、天野被告は「中島容疑者から『ホステスの誕生日プレゼントを用意してほしい』と言われた。購入代金はもらっておらず、裏金で支払った。副知事の依頼なので断ることができなかった」と説明。中島容疑者は、天野被告から小物を受け取り、クラブ内でホステスに渡したという。

<党首討論>政策論議置き去り 「政治とカネ」新味なく(毎日新聞)
男女3人刺され? 2人意識不明=JR石巻駅近く-宮城(時事通信)
山内衆院議員の元秘書逮捕=3千万円詐取容疑-警視庁(時事通信)
<スナメリ>住宅街の川で泳いでる 名古屋で騒ぎに(毎日新聞)
「胸触っていいか」女性警察官2人にセクハラ(読売新聞)

放火罪 男性に無罪 大阪地裁判決(産経新聞)

 平成19年5月、大阪市西成区萩之茶屋で共同住宅が焼け、3人が死亡、2人が軽傷を負った火災で、現住建造物等放火の罪に問われた無職、尾池治被告(61)の判決公判が16日、大阪地裁で開かれた。中川博之裁判長は「捜査段階の供述に全幅の信頼を置くことができない」などとして無罪(求刑懲役18年)を言い渡した。

 中川裁判長は判決理由で、「被告には顕著な依存的性格傾向が見受けられる」としたうえで、「取調官の意向に沿う供述をした可能性が否定できない」と指摘。

 放火傾向があるなどの状況証拠を加えても「犯人と認めるには合理的な疑いが残る」と述べた。

 起訴内容は、19年5月5日午後11時ごろ、共同住宅「さくら荘」の玄関付近にあった新聞紙にライターで火を付け、建物を全焼させるなどしたとしている。

【関連記事】
「給料安くいらいら」放火容疑で27歳の風俗店員の女を逮捕
警察署で保護男、毛布に火つけ逮捕 「何のことかわかりません」と否認
「音うるさい」と放火容疑 元アパート住人の男逮捕
寝ている妻に火…会社員逮捕 茨城
「放火して丸焼きにしてやる」浜崎あゆみさん宅に脅迫文 容疑の男を逮捕

「簡単や」山本理事長執刀の患者だけ死亡(産経新聞)
<糸島市長選>旧前原市長の松本嶺男氏が初当選(毎日新聞)
鳩山首相 子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話(毎日新聞)
<石川衆院議員>離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党(毎日新聞)
“無申告”首相「よい国のためぜひ納税を」 確定申告16日にスタート (産経新聞)

IMFなどに報告書提出=G20の政策相互評価で-政府(時事通信)

 政府が、昨年11月の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の合意に基づいて、マクロ経済見通しや経済政策に関する報告書をまとめ、今月初旬に国際通貨基金(IMF)などに提出したことが12日、分かった。世界経済の不均衡是正のため、各国の政策を相互評価する枠組みづくりに役立てるのが目的で、G20は1月末をめどに提出を求めていた。
 報告書では、昨年末にまとめた経済成長戦略を基に、2020年度までの年平均成長率を名目で3%、物価変動の影響を除いた実質で2%以上、それぞれ目指すとの方針を示した。財政健全化に向けた目標の言及は見送り、政策相互評価をめぐる作業が本格化する6月のカナダ・トロントでのG20首脳会議(金融サミット)までに、「中期財政フレーム」として策定することを盛り込んだ。 

【関連ニュース】
ギリシャ財政、G7でも関心=世界経済回復へ大きな試練
米、金融規制で協調呼び掛けへ=6日にG7開幕
金融規制改革など議論へ=G20前に先進国協調を模索
銀行融資回復が最優先課題=国の借金、増加に懸念-IMF報告
10年の世界成長を上方修正=3.9%、日本は据え置き-IMF見通し

大阪法務局職員が妻を絞殺 無理心中図り義母の首も絞める(産経新聞)
糖尿病性腎症の関連遺伝子を発見―理研(医療介護CBニュース)
五輪スピード 長島選手に報奨金1000万円…所属の企業(毎日新聞)
【論説委員「私の1冊」】岩崎慶市 ヨハン・ゲーテ『イタリア紀行』(産経新聞)
石川被告離党に閣僚から評価の声相次ぐ(産経新聞)

<防衛脱税事件>秋山被告の公判が結審 3月29日に判決(毎日新聞)

 防衛関連企業からコンサルタント料名目で得た所得を隠したとして、所得税法違反(脱税)などに問われた社団法人「日米平和・文化交流協会」理事、秋山直紀被告(60)の公判は10日、東京地裁(朝山芳史裁判長)で結審した。秋山被告は民事訴訟の証拠を偽造した有印私文書偽造・同行使罪について「世の中を甘く見た結果、天罰として返ってきた。申し訳ない」と謝罪する一方、所得税法違反は「無罪を申し上げる」と改めて主張した。判決は3月29日。

 弁護側は最終弁論で「問題とされた所得は個人ではなく(コンサルタント業務をした)法人に帰属していた。秋山被告に脱税する意思はなく、所得税法違反は成立しない」と主張した。

 起訴状によると、秋山被告は03~06年、約3億1400万円を隠し約9900万円を脱税し、04年に裁判の証拠を偽造したなどとされる。検察側は前回公判(1月20日)で懲役3年、罰金3000万円を求刑している。【銭場裕司】

【関連ニュース】
脱税:秋山被告に懲役3年求刑 防衛コンサルタント事件

電車内の防犯カメラ 「設置に賛成」8割超(産経新聞)
<将棋>久保棋王が勝利 A級へ昇格決定(毎日新聞)
鳩山首相「民主党らしさは歯切れの良さ」(産経新聞)
車止めに衝突、運転の83歳女性死亡(読売新聞)
<雑記帳>赤ヘルファン注目、球場のお宝売り出しへ 広島市(毎日新聞)

殺人 石巻2人刺殺事件 静かな港町の住宅街に衝撃(毎日新聞)

 早朝の民家に若い男女の悲鳴が響いた。宮城県石巻市で10日、3人が刺された死傷事件。刺したのはこの家に住む女性の知人の少年(18)とみられ、次々と切りつけたうえ、1人を連れ去り逃走した。静かな港町の住宅街で起きた凶行に衝撃が広がった。

 県警などによると、この民家には亡くなった南部美沙さん(20)と、連れ去られた妹(18)や母、祖母ら女性ばかり5人暮らし。近くの主婦(75)は「あまり近所づきあいはない家族だった」。また「妹は去年暮れに赤ちゃんを産んだ」(近所の主婦)といい、妹は話を聞かれると「女の子です」とうれしそうに話したという。

 この近所の人たちは午前7時より少し前、救急車のサイレンで異変に気付いた。布団の中でその音を聞いた主婦はとっさに「南部さんの所かな」と思ったが、「おばあさんが調子が悪くて、前にも救急車を呼んだことがあった。でも、事件とは思わなかった」。

 前夜の出来事を、事件の予兆のように証言する主婦もいた。「何かトラブルがあったようで、午後7時半ごろにも警察が来ていたようだ。まさかこんな近くで事件が起きるとは恐ろしい」と声をふるわせた。また、南部さん方には複数の若い男性が連れ立って訪れているのをよく見た、という証言もある。「車を置いてもいいですか」と礼儀正しく声をかけられたこともあった。

 この日は午前9時半から南部さん方の向かいの集会所で地元老人会と小学生の交流会が予定されていたが、急きょ中止。老人会役員の男性は「びっくりした。地域の交流があまりないところだから詳しいことは分からない」と驚いた様子だった。

 犯人が捕まっておらず、近隣住民は厳重に戸締まりをしており、ある主婦は「犯人が捕まらなくて心配」と困惑した様子で話した。

<山形大>「文章のいろは」必修科目に(毎日新聞)
被害者全員の救済を5党に要請―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
<普天間検討委>移設候補地案を17日に持ち寄り(毎日新聞)
GWG買収仲介で脱税会計士、韓国が引き渡しへ(読売新聞)
<東名高速>トラック3台が事故…1人重体 静岡(毎日新聞)

「これちゃうかな」 山本病院理事長、肝臓片の摘出を“試行錯誤”(産経新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃止)で肝臓の手術を受けた男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、手術を執刀した法人理事長の山本文夫容疑者(52)=業務上過失致死容疑で逮捕=が、腫瘍(しゅよう)摘出の手術中に、「これちゃうかな」などと言いながら、複数の肝臓片を切除していたことが9日、病院関係者の話で分かった。

   [フォト] 山本容疑者の自宅敷地内に並ぶ高級車

 患者はこの過程で大量に出血。山本容疑者は一応の止血処理をして閉腹すると、「飲みに行く」と言い残して外出したという。県警は、山本容疑者が経験も知識もないのに執刀したことが、患者の死亡につながったとみて手術の実態解明を急ぐ。

 病院関係者によると、山本容疑者は手術中、1センチ程度の肝臓片を切除しては、「(腫瘍と)ちょっと違うな」とつぶやき、“試行錯誤”を繰り返したという。出血が止まらなくなると輸血用血液を発注して手術を続け、最終的に約3センチの肝臓片を切除。縫合すると病院から姿を消し、患者の容体が急変したため看護師が山本容疑者と連絡を取ったが戻らなかったという。

 患者は病室に移されて看護師らが心肺蘇生(そせい)措置を行ったが、「おなかに血がたまっているような音がし、すでに死んでいるようだった」といい、病室で死亡が確認された。

 県警によると、患者の腫瘍は約1・5センチ大の1個だけ。不審を抱いた看護師が、山本容疑者が取り出した肝臓片を外部機関での病理検査に出し、肝臓がんでないことが分かったという。

【関連記事】
山本病院理事長「専門、関係なく手術を」 診療報酬目的か
山本病院理事長「死因は心筋梗塞に」 手術隠蔽を意図か
輸血準備「いらん」 執刀の山本病院理事長、患者死亡の一因か
腫瘍2度の検査「良性」 手術途中で放棄か 山本病院事件
山本容疑者、肝臓手術は未経験 奈良・患者死亡

<水死>2歳男児の遺体 ため池で発見 茨城・古河(毎日新聞)
<貨物船火災>積み荷から激しい黒煙 ベリーズ船籍 福岡(毎日新聞)
夫婦で仲良く同日逮捕=窃盗と横領容疑、別事件で-宮城県警(時事通信)
街頭ビラ配布で国庫負担肩代わり反対訴え―健保連(医療介護CBニュース)
潜在的国民負担52.3%=財政悪化で高水準に-10年度(時事通信)

デルタ機の黒人男性、死因は酸欠による窒息死?(読売新聞)

 成田空港に7日到着したデルタ航空59便の主脚格納庫から遺体で見つかった黒人男性の死因は、酸素欠乏による窒息死の疑いが強いと、司法解剖した成田国際空港署が発表した。

 発表によると、男性は10歳代後半から20歳代半ばくらい。所持していた携帯電話などから、同署は男性の身元や格納庫に入り込んだ動機を調べている。

振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円-兵庫県警など(時事通信)
2010年度診療報酬改定のポイント(1)(医療介護CBニュース)
<福岡前副知事収賄>北海道「視察」、実態は観光か(毎日新聞)
<横浜事件>刑事補償決定が確定(毎日新聞)
盗難の純金製置物「偽物と思い捨てた」山で発見(読売新聞)

ニイウスコー事件 ワンマン元会長が主導か(産経新聞)

 証券取引法違反の疑いで逮捕された元会長の末貞郁夫容疑者(62)は、トップダウン型経営でニイウスコーを創業から十数年で年商800億円企業に飛躍させたが、一方で、「ワンマン」「独断専行」といった批判も業界内で囁かれていた。

 大学卒業後、昭和46年に日本アイ・ビー・エムに入社した末貞容疑者は、金融機関向けのコンピューター機器を販売するニイウスコーの前身の会社を平成4年に立ち上げた。順調に業績を伸ばして15年には念願の東証1部上場も果たした。

 末貞容疑者は、高齢化時代の成長産業として有望視されていた医療関連のITサービス事業にも進出した。だが、初期投資が膨らむ一方、サービスの低価格化などで収益が伸びず、多額の損失を計上し全面撤退した。そして、19年6月期決算で債務超過に転落した責任を取る形で同年11月に経営から退いた。

 業績が足踏みを続ける中で行われたとされる粉飾決算だが、産経新聞の取材に末貞容疑者は逮捕前、「指示はしていない」と犯行への関与を否定している。ただ、横浜地検と証券取引等監視委員会は関係者への事情聴取を進める過程で、末貞容疑者が部下に不正経理を指示したとされる証言やメモ類を確認しているとみられる。市場関係者の間でも「ワンマン型経営スタイルの末貞容疑者が粉飾を主導した疑いがある」との見方が広がっている。

【関連記事】
粉飾決算容疑でシステム開発会社の元会長ら逮捕
粉飾決算でニイウスコー元会長らを逮捕へ 横浜地検
ニイウスコー 680億円粉飾で捜査へ
東証1部企業「2部落ち」今年すでに4社 債務超過で降格 今後続出も
Kiss-FM、6億円粉飾か 旧経営陣に損賠提訴へ

富士フイルムが後発品事業に本格参入―新薬開発も視野に(医療介護CBニュース)
鳩山首相63歳「国民の幸せ感がプレゼント」 11日に誕生日(産経新聞)
石川議員の辞職決議案を提出=野党3党(時事通信)
野良カンガルーの足跡!?撮った!…宮城県大崎市(スポーツ報知)
<本埜村長選>五十嵐勇氏当選…任期はわずか43日間(毎日新聞)

漁船銃撃、ロシアへの抗議取り下げず=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は10日午後の記者会見で、北方領土の国後島沖でロシア国境警備隊から銃撃を受けた日本漁船の船長2人が、船の位置を知らせる装置の電源を故意に切っていた疑いで逮捕されたことについて、「船舶としてのルール違反に当たるが、人命にかかわる銃撃はやはり不適切だ。(ロシア側への)抗議は取り下げるつもりはない」と述べた。
 また、兒玉和夫外務報道官は記者会見で「逮捕は残念だ。安定的な操業を維持していくには、わが方の漁船による秩序ある操業が行われることが重要だ」と指摘した。 

【関連ニュース】
ロシアへの抗議取り下げず=官房長官
船長2人を逮捕=位置情報切った疑い
漁船の船長2人逮捕へ=位置情報切った疑い
外国人参政権付与、反対続出=与野党と意見交換会
北方領土解決へ決意=鳩山首相

<鳩山首相>政倫審への出席、小沢幹事長に委ねる(毎日新聞)
生活満足度「低下」が36.4%=内閣府調査(時事通信)
タミフルの輸入代行 薬価の3~5倍 「個人」規制なく野放し(産経新聞)
住宅火災、2人死亡=夫婦と連絡取れず-埼玉(時事通信)
三菱ふそうトラック・バスが9万台リコール(産経新聞)

「茨城の赤バラかっこいい」…県警エンブレム偽造・販売 容疑の2人逮捕(産経新聞)

 ネットオークションで販売する目的で茨城県警のエンブレムを偽造したとして、県警生活環境課と水戸署は8日、公記号偽造の疑いで、東京都八王子市大船町、レッカー会社役員、小俣実容疑者(41)と同市東浅川町、会社員、乗添誠治容疑者(36)を逮捕した。同課によると、2人は容疑を認めており、「マニア相手にもうかると思った」と供述しているという。

 同課などの調べによると、2人は共謀してインターネットのオークションサイトで販売する目的で、平成21年10月~今年1月にかけて、茨城県警の制服上腕部に付けるエンブレム約300枚を偽造した疑いが持たれている。

 同課によると、2人はこれまで警察バッジや手帳、ホルスターなどの警察グッズをフリーマーケットやネットで販売していたが、警察マニアだった小俣容疑者が偽造エンブレム販売を考えついたという。2人は東京・有楽町の警察博物館で警視庁や各道府県警のエンブレムを撮影。昨年夏ごろから警視庁や大阪、神奈川、福岡、京都、茨城各府県警の偽造エンブレムの製作を中国のブローカーに注文し、計約1700枚を作らせた。サイズが2ミリ程度小さいなど微妙に違うが、ほとんど本物と見分けがつかない。1枚約500円で仕入れ、約1万6000~1万8000円で約10枚売却したという。

 東京税関からの連絡で発覚。小俣容疑者は「大規模警察は人気があるし、茨城県警の赤バラはかっこよかった」と供述している。

【関連記事】
静岡でまた偽札見つかる タクシーで使用
東北で偽一万円札61枚 同一犯の疑いも
偽造カードでブルゾン購入 自称ナイジェリア人の男を逮捕
偽造商品販売容疑で男を逮捕 「クロエ」似のバッグをサイトで競売 
中国人偽造旅券販売ブローカー?を不法残留容疑で逮捕 福岡県警

<大雪と強風>北日本から北陸の日本海側で 交通機関に乱れ(毎日新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
産廃投棄、メーカー課長も逮捕=無許可業者に依頼容疑-福岡など3県警(時事通信)
センター試験の受験者は52万600人(産経新聞)
<雑記帳>あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社(毎日新聞)

外国人参政権付与、反対続出=与野党と意見交換会-全国都道府県議長会(時事通信)

 全国都道府県議会議長会(会長・金子万寿夫鹿児島県議会議長)は9日、民主、自民など与野党の代表者と都内で永住外国人への地方参政権付与に関する意見交換会を開いた。出席した議長からは「帰化すべきだ」などと、参政権付与への反対意見が続出。また、民主が賛成、国民新が反対するなど与党内の意見対立も浮き彫りになった。
 与野党は、民主の今野東副幹事長が地方参政権を「付与すべきだ」と述べたほか、公明や共産、社民が賛同した。一方、自民の山谷えり子参院議員は「領土問題などで外国政府の介入を許す危険性がある」と反対。政府が永住外国人への地方参政権付与法案の国会提出を検討していることを踏まえ、国民新の亀井郁夫副代表は「全員一致で反対。(政府提出の)閣法は無理だ」と明言した。
 議長側は「地方参政権が欲しければ帰化すべきだ」(茨城)「領土問題に重大な影響が出る」(島根)など相次いで反対を表明。「民主はマニフェスト(政権公約)に載せて参院選に臨むべきだ」(高知)との声も出た。 

<弁護士懲戒処分>銃口向けた写真で「脅迫状」(毎日新聞)
トヨタ社長、品質問題で陳謝=「プリウス」は早急な対応指示(時事通信)
産廃事務所に発砲? 窓ガラスに3カ所の穴 茨城・境町(産経新聞)
小沢幹事長が続投の意向表明、首相も容認(読売新聞)
石垣島で2万年前の人骨発見=直接の年代測定で日本最古(時事通信)

交通事故 コーヒー店にタクシー突っ込む 京都・左京区(毎日新聞)

 3日午前11時20分ごろ、京都市左京区岡崎東天王町のガソリンスタンド「エッソ天王町SS」に併設されているドトールコーヒーショップエッソ天王町店に個人タクシーが突っ込んだ。京都市消防局によると、運転手と店内にいた客ら計4人が負傷し、男性1人が重傷の模様だ。給油設備に被害は出ていないとみられる。京都府警川端署が原因を調べている。

 同店によると、正面のガラスを突き破って、タクシーが突っ込み、店内にすっぽり入った形で止まった。当時店内には十数人の客がいたという。【橘建吾、成田有佳】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:逃走男を窃盗未遂容疑で逮捕 別の車狙う
名古屋ひき逃げ:車内指紋、別事件と一致 逃走男から聴取
交通事故:「嵐」の松本潤さん追突、けがなし…東京・目黒
横浜死傷事故:飲酒の容疑者、子供を病院へ連れていく途中
信号無視容疑:検問突破の女、衝突事故後もなお逃走 札幌

高級自転車盗んだ疑い 海自海士長を逮捕 神奈川・横須賀(産経新聞)
<調停委員>外国籍理由に神戸家裁が選任拒否 弁護士会抗議(毎日新聞)
暴追拠点は元組事務所 全国初、和歌山で業務開始(産経新聞)
<国保保険料>08年度収納率は88% 過去最低(毎日新聞)
6月に児童ポルノ対策=政府(時事通信)

未経験の2人、手術強行…山本病院患者死亡(読売新聞)

 輸血用血液を準備せず、少人数での手術――。奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(解散)で肝臓手術を受けた男性(当時51歳)が死亡した事件は6日、病院関係者の証言から、業務上過失致死容疑で逮捕された元理事長・山本文夫被告(52)=詐欺罪で実刑判決を受け控訴中=、元主治医・塚本泰彦容疑者(54)の執刀医2人が、経験や技術を伴わないまま手術を「強行」していた実態が浮かび上がった。

 「肝臓は出血しやすいけど大丈夫ですか」。4年前、山本病院のベテランの女性看護師は、山本被告に不安を訴えた。「肝臓手術の経験なんてないのに……」。だが、山本被告は「簡単な手術やん」と取り合わず、その後、輸血用血液が全くないまま山本被告、塚本容疑者、看護師2人の計4人で手術が行われた。

 医療関係者によると、血管が集中する肝臓は大量出血の可能性があるため、輸血用血液は一般の開腹手術の約1・5倍にあたる2リットル程度を用意し、麻酔医を含む7、8人で手術を担当するのが一般的で、専門医は「経験や止血法などの専門知識がなく、指導医もいない状態で肝臓手術をするなんてあり得ない」とする。

 看護師の不安は的中。手術中に肝静脈を傷つけ、大量出血した。だが、縫合を終えた山本被告は手術室から姿を消した。酸素マスクをつけた男性の顔は真っ青で心肺停止していた。

 「すぐ輸血を準備して」。看護師から要請を受けた検査技師が、赤十字血液センターから急きょ血液を取り寄せ、輸血された。人工呼吸や心臓マッサージが施されたが、手術開始から約4時間半後、男性の死亡が確認された。その間、看護師が山本被告の院内連絡用PHSを何度も呼び出したが、一度も応答はなかった。

 男性は、山本被告らに「がん」と診断され、手術を受けたが、死亡後、腫瘍(しゅよう)は良性でがんではなかったと判断された。このため、県警は「不必要な手術で男性を死亡させた疑いがある」として、傷害致死容疑の立件を目指したが、業務上過失致死容疑での逮捕となった。

 医療問題弁護団代表の鈴木利広弁護士は「故意の立証が必要な傷害致死は、動機などの自供がないと困難」と話している。山本被告は05~07年、心臓カテーテル手術をした際、ステントを使ったように偽装し、計約830万円をだまし取ったとして、詐欺罪で懲役2年6月の実刑判決を受け、控訴している。

 ◆「実験台にされた」遺族

 「病院の実験台にされたのかもしれない」。男性の両親は読売新聞の取材に対し、悔しさをにじませた。男性が死亡した際、両親は山本病院側の「死因は心筋梗塞(こうそく)」との説明を信じたが、昨年春、捜査員に「手術中に死亡した」と告げられた。

「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー氏死去(読売新聞)
木嶋容疑者 携帯メールも削除 金銭要求など隠す?(産経新聞)
小沢氏「私は潔白」 与党幹部ら、激励の乾杯(産経新聞)
【中医協】価格付けに「事実上、不関与」-遠藤会長が認識(医療介護CBニュース)
丸ノ内線運転見合わせ…ホームドアにトラブル(読売新聞)

滞納給食費天引き、10年度は見送り=子ども手当で―首相、厚労相が一致(時事通信)

 鳩山由紀夫首相と長妻昭厚生労働相は1日、国会内などで会談し、2010年度の子ども手当支給に当たり、親が滞納している学校給食費や保育所利用料などを天引きする仕組みの創設は見送る方針で一致した。11年度以降について首相は、全体の制度設計の中で何らかの措置が可能か検討するよう厚労相に指示した。厚労相が記者団に明らかにした。
 子ども手当と滞納給食費などの相殺について、鳩山首相は先月30日、前向きに検討する意向を表明していた。
 しかし、同手当の支給に向け今国会に提出中の法案は、受給権の差し押さえを禁止していることに加え、制度を変更すれば、6月の最初の支給に間に合わない自治体が出る恐れがあると判断し、10年度は見送る方向となった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~ゼネコン側、妨害恐れ献金~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~

<竜巻>発生か ビニールハウス30棟損壊 鹿児島(毎日新聞)
全国の「市」と「町」、同数の784に(読売新聞)
<大雪>車100台以上立ち往生 76人が避難 新潟市で(毎日新聞)
「背中を刺された。息苦しい」…被害者の“声”にも被告は無表情(産経新聞)
埼玉など連続不審死、女を殺人容疑で逮捕へ(読売新聞)

<平野官房長官>小沢氏不起訴「良かった」(毎日新聞)

 平野博文官房長官は5日午前の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長が資金管理団体の土地購入を巡る事件で不起訴処分となったことについて「不起訴になって良かった」と述べた。その上で「同志として、民主党に所属する議員として、それは良かった」とも話し、官房長官の職務を離れた立場での感想であることを強調した。

 また、小沢氏の元秘書の石川知裕衆院議員が政治資金規正法違反(虚偽記載)で起訴されたことについて平野氏は「政府の立場でなく与党の議員、同志の立場で申し上げると、起訴されたことは極めて残念だ」と語った。

 一方、鳩山由紀夫首相は5日朝、小沢氏が不起訴となったことに関し、首相公邸前で記者団に「このような判断が下された以上、できるだけ早いうちに(小沢氏に)会いたいと思う。まだ日程的には決まっていない」と述べ、近く小沢氏と会談する意向を示した。【横田愛】

【関連ニュース】
公共工事個所付け:民主が通知後回し 社民・国民新が抗議
普天間移設:照屋議員ら平野官房長官に抗議 斟酌発言で
普天間移設:官房長官「5月末の地元合意にこだわらず」
名護市長選:「斟酌の理由ない」の官房長官発言に地元反発
平野官房長官:現行案除外せず 名護市長選の結果に

市川海老蔵さん 小林麻央さんとの婚約で会見 挙式は7月(毎日新聞)
<バレンタイン>QRコード付きチョコあげます 大阪で(毎日新聞)
失業率5.1%、0.1ポイント改善=求人倍率は4カ月連続改善-12月(時事通信)
新型ワクチンで死亡の可能性=副作用で初、新潟の80代女性-厚労省(時事通信)
【中医協】回復期リハ、「2単位実施」の要件を追加(医療介護CBニュース)

診断基準策定求め要望書-「脳脊髄液減少症」支援の会(医療介護CBニュース)

 「脳脊髄液減少症患者支援の会」(大平千秋代表)などは2月1日、同症の診断基準を速やかに定めることなどを求める要望書を長妻昭厚生労働相あてに提出した。厚労省内で記者会見を開いた同会・子ども支援チームの鈴木裕子代表は、「一日も早く(診断基準の)ガイドラインを作成してほしい」と訴えた。

 「脳脊髄液減少症」については、厚労省が2007年、厚労科学研究費補助金を「脳脊髄液減少症の診断・治療の確立に関する研究」(研究代表者=嘉山孝正・山形大医学部長)に交付することを決定。同研究は、3年間で同症の診断基準を確立し、診療ガイドラインを作成することを目指してきた。今年3月に研究期間が終了するが、研究班はこれまでに収集した症例数がデータ解析の必要数に達していないことなどから、再度、同研究の補助金交付を申請している。

 これに対し要望書では、同研究事業で今年度中に当初目標(3年間)を達成し、同症の診断基準を速やかに定めることなどを求めている。


【関連記事】
「脳脊髄液減少症」で患者団体が要望署名提出
難病対策予算の確保で要望書―難病・疾病団体協
脳脊髄液減少症治療、早急に保険適用を
脳脊髄液減少症の研究・治療促進を
「不安から解放を」難病指定を要望

国内医療用医薬品の不振も、大幅な増収増益―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
平野長官発言で解決困難に=自民幹事長(時事通信)
観光装い下見、盗品郵送…爆窃団再び日本標的(読売新聞)
民主・山岡国対委員長、首相の施政方針べた褒め 「国民の立場の演説」(産経新聞)
<陸山会土地購入>大久保秘書、虚偽記載関与認める供述(毎日新聞)

<選挙違反>後藤議員の出納責任者に有罪判決 熊本地裁(毎日新聞)

 先の衆院選熊本3区に出馬し、比例復活当選した民主党、後藤英友衆院議員(43)の出納責任者で公職選挙法違反(日当買収)罪に問われた井上広世被告(42)の判決公判が28日、熊本地裁であった。野島秀夫裁判長は「弁護側の主張は事実関係にそぐわず不自然だ」として懲役1年6月、執行猶予5年(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。出納責任者は連座制の対象で、井上被告の有罪が確定し連座制が適用されれば後藤議員は失職する。

 判決によると、井上被告は派遣会社社長の冨田忍被告(36)=同罪で公判中=らと共謀し09年8月19日~9月11日、選挙期間中の運動報酬として派遣社員8人に計約73万円を支払った。

 弁護側は控訴する意向を示した。後藤議員は事務所を通じ「無罪が認められなかったことは遺憾だ。今後は控訴審の推移を見守らせてもらいたい。私自身は国会議員の職責を果たすため、活動を頑張っていく」とのコメントを出した。【遠山和宏】

【関連ニュース】
公選法違反:後藤氏派違反 共謀有無どう判断 出納責任者きょう判決 /熊本
廿日市副議長の公選法違反:有罪の1審支持、高裁が控訴棄却 /広島
北九州市議選の偽投票:山田国義被告が首謀と長男証言--公判 /福岡
公選法違反:後藤氏派違反 共謀巡り主張食い違う 井上被告の公判結審 /熊本
公選法違反:後藤氏派違反 懲役1年を求刑 井上被告との共謀黙秘--初公判 /熊本

<株主代表訴訟>西松建設元役員らを提訴 違法献金返還求め(毎日新聞)
<着服>博多署員が課内の積立金100万円を 停職処分に(毎日新聞)
真冬の神戸港、飛び込み救助…巡査長お手柄(読売新聞)
普天間移転の候補地徳之島 地元町長は官房長官と面会拒否(J-CASTニュース)
<津市長選>24日告示 新人・岡野氏と現職・松田氏立候補(毎日新聞)

昨年の貿易黒字、36.1%増=2年ぶりプラス-財務省(時事通信)

 財務省が27日発表した2009年の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支の黒字は、前年比36.1%増の2兆8078億円となり、2年ぶりに前年水準を上回った。輸出額は33.1%減、輸入額は34.9%減だった。
 同時に発表した09年12月の貿易収支は5453億円の黒字で、金融危機の影響で3222億円の赤字に陥った前年同月から黒字転換した。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
09年の生産、国内大幅減=アジアは堅調
空売り規制、4月末まで延長=金融庁
アコム、1年7カ月ぶり社債発行=250億円、消費者金融大手で金融危機後初
「出口戦略」の備え重要=早過ぎると二番底の危険-IMF専務理事

小沢環境相、新エネ割合10%以上に(産経新聞)
<名護市長選>市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)
<郵便不正事件>厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
<保険金横領容疑>元郵便局長を逮捕 静岡県警(毎日新聞)
<雑記帳>映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる(毎日新聞)

首相が初の施政方針演説 普天間「5月末までに移設先決定」 政治とカネ「お詫び」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は29日午後の衆院本会議で、就任後初の施政方針演説を行った。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題では、「政府として本年5月末までに具体的な移設先を決定する」と強調。政治とカネの問題については、「私自身の問題に関して、国民の皆さまに多大なご迷惑とご心配をおかけしたことを改めておわび申し上げます」と陳謝した。

 首相は普天間問題について、「米国との同盟関係を基軸として、わが国、そしてアジアの平和を確保しながら、沖縄に暮らす方々の長年にわたる大変なご負担を少しでも軽くしていくためにどのような解決策が最善か、沖縄基地問題検討委員会で精力的に議論する」と述べた。日米安保条約の改定から50周年を迎えた日米関係については、「重層的な同盟関係へと深化・発展させていきたい」と強調した。

 持論である東アジア共同体構想についても言及し、「『いのちと文化』の共同体を築き上げたい」としたうえで、「揺るぎない日米同盟は、東アジア共同体の形成の前提条件」と説明した。

 政治とカネの問題では、「まず国会議員が自ら範を垂れる必要がある」として、議員定数の削減や歳費のあり方を国会で議論するよう要望。企業・団体献金の取り扱いについても議論を進めていく考えを示した。

 経済財政運営に関しては「将来を見据え、本年前半には、複数年度を視野に入れた中期財政フレームを策定する」と述べた。

【関連記事】
施政方針演説 軽さ否めない“宇宙言語” 
「事務次官から局長に降格も」国家公務員法改正で鳩山首相
亀井節炸裂「うるさいから言った」 予算委紛糾について
山崎拓氏らに参院公認見送り正式通知
2次補正予算成立も 専門家「景気浮揚効果薄い」

アパートから出火、焼け跡から遺体 千葉・富里(産経新聞)
<郵便不正事件>厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
上田容疑者、交際相手10人から借金重ね1000万円(スポーツ報知)
<NHK>福地会長、任期満了前に辞任の意向(毎日新聞)
【from Editor】震災で知った新聞の『力』(産経新聞)
プロフィール

Author:すみしろう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。